とんかつまるとしの若山です。
 
10月8日、北町小学校の6年生の2人の男の子、1人の女の子の3人が、店にインターシップ(職業体験)に来てくれました。
 
学校からの案内では、今年で11年目を迎えた取組み、このインターンシップは、「子供たちに様々な職業を体験することにより、
他人との関わりを学び、地域の一員としての自覚を高めてほしい。社会を知り、将来への夢や希望の道しるべとなれば」と考えて
実施されています。
 
今年は、肉の仕込みから、その肉にパン粉をつけてもらい、完成した自分たちが作ったかつを持って帰ってもらいました。

短い時間の中、店近くの常連のお客様に配達を頼まれたので、皆で届けたら、そのお客様から、ご褒美のおせんべいをいただいた
り、豚汁を作ったり、玉子をかいてもらったり、時間はあっという間に過ぎました。

一昨日、子供たち3人が挨拶に来てくれ、手紙をいただいたので、以下、簡単に紹介します。
 
校長先生より。

『先日は、インターンシップ実施にあたり、お忙しい中、児童の受け入れをありがとうございました。

子供たちは、生き生きとした顔で学校に戻り、貴重な体験をさせていただことが手に取るようにわかりました。今回、地域の皆様
との関わりの中で、社会の常識・人との接し方など、学校だけでは得られない経験ができ、大人への第1歩となったように思われ
ます。

ご迷惑をおかけした点も多々あるとは存じますが、最後までお世話くださいましたこと感謝しております。

また、今後とも本校教育活動にご協力いただきたく、お願い申し上げます。』
 
参加してくれた、男の子より。

『ぼくはまるとしに行って最初はなにをしていいのかわかりませんでした。でも配達に行ったりしてみてすごいと思ったことがあ
りました。

それは常連の人の家はだいたいわかると か、行った家には(地図に)印をつけるなどいろいろな苦労をされているなと思いまし
た。

あと特性スープもお肉の残った物とか、パセリのくきとか、たまごのからなど入れて大丈夫かと思いました。けどパセリのくきは
栄養がたっぷりあるとか、たまごのからはスープの色をきれいにするとか、むだがないことがわかりました。

あと地道に、せんでんようしを配ったり、ホームページを作ったりすることが大切ということがわかりました。』
 
参加してくれた、もう1人の男の子より。

『せんじつは、肉の切り方や、たたき方を、ていねいに、教えてくださって、ありがとうございました。

ぼくが1番印象にのこったことは、配達です。

なぜなら、配達をしたのは、初めてで、最初はどんな人に配達をするのかを、どきどきしながら、配達をしたので、1番印象にの
こりました。

せんじつの、インターンシップでは、肉たたきや、肉を切ったり、あくをとったりしました。そのなかで、がんばったことは、肉
たたきです。肉をたたけば、かたいところも、やわらかくなるということが、わかりました。

こうはいも、よろしくおねがいいたします。』
 
参加してくれた、女の子より。

『10/8 お世話になりました。もってかえったトンカツは冷めていてもサクサクでおいしかったです。

やさしくおしえてくれたおかげでトンカツの作り方がすこしわかったきがします。

1番いんしょうに残ったのは、お肉をたたくところです。

簡単そうに見えて、意外にむずかしかったです。

本当にありがとうございました。』

今年の参加してくれた皆は、チームワークも良く、事前に包丁を使う時は、取扱いに注意するよう話していましたが、手際よくお
話した通り、ケガもなくて良かったです。

それぞれの個性を大事に、残り少ない、小学校生活を過ごしてもらいたいです。
 
手伝ってくれて、助かりました。どうもありがとうございます!
 
昨年のインターシップの模様 → http://www.kitamachi.or.jp/media-room-p45.htm

【きたまち広場】へようこそ

この広場は、あらゆる事をお知らせする情報基地です。
ジャンルは問いませんので、皆様からの投稿もお待ちしております。

Kitamachi Hiroba

●投稿はメールでこちらからです

「子どもインターンシップ」

若山太郎さん、ご投稿ありがとうございます。

更新日:2009.10.13 Web管理:齊藤

-------------------------------------------------------------------------------------------------