【きたまち広場】へようこそ

この広場は、あらゆる事をお知らせする情報基地です。
ジャンルは問いませんので、皆様からの投稿もお待ちしております。

Kitamachi Hiroba

●投稿はメールでこちらからです

とんかつまるとしの若山です。

10月7日に北町小学校の6年生の2人の女の子が来てくれました。
2人は、一生懸命でした。

先日のインターンシップのお礼の手紙を持って来てくれましたので、シンプルに、それを紹介することで、その文面から、当日の様子をお伝えします。

まずは、当日、心配そうに、お顔を出した、校長先生のもの。

「子どもインターンシップのお礼

 先日は、子どもインターンシップ実施にあたり、お忙しい中、児童の受け入れをありがとうございました。

 子どもたちは、生き生きとした顔で学校に戻り、貴重な体験をさせていただいたことが手に取るようにわかりました。今回、地域の皆様とのかかわりの中で、社会の常識・人との接し方など、学校だけでは得られない貴重な経験ができ、大人への第1歩となったように思われます。

 ご迷惑をおかけした点も多々あるかとは存じますが、最後までお世話下さいましたこと心より感謝いたしております。

 また、今後とも本校教育活動にご協力いただきたく、お願い申し上げます」

続いて、しっかりした女の子。

「まるとし様

 先日はおいそがしい所、時間を空けていただき、ありがとうございました。

 私はだしをおいしくする工夫、お肉をおいしくたべられるようにしている工夫をしていることを知りおどろき、お肉は捨てず、全ての部分を使ったり、あまった水は掃除をしていることに感心しました。

 また、この仕事は、10年ほど修行しないとできないという修行の努力や修行したてのころはお客さんに文句を言われてしまうなどの苦労も知りました。

 お店の人は私たちがインターンシップに来るとき笑顔で向かえてくれたり、教えるときはやさしくていねいに教えてくれて、分からないことは手伝ってくれたりして、仕事がどんどん方付き、その分、私たちも作業に集中することができました。

 私は、お店の人から教えてもらった料理へのこだわりをまだ覚えています。まるとしさんはそのこだわりを忘れずに持ち続けてください。

 私もお店の人から教えてもらった知識を家の人や友達に広め、みんなにも「料理の良さ」を知っていただくようにします。また、私も、家でお店の人から教わっただし汁の作り方、とんかつの作り方を生かして、とん汁や、とんかつを作っていきたいです。

 いい経験をやらせていただき本当にありがとうございました。

 今後、来店したときは、また、よろしくお願いします!

 トンカツおいしかったです。タオルもありがとうございました!!」

もう1人の、ちょっとおしゃべりな女の子。

「まるとし様

 先日はおいそがしい中、ありがとうございました。

 とんかつを作るのは10年かけてやらないとできない貴重な体験ができて良かったです。

 ぶたのロースのお肉を切って、かたい部分を取るということが知らなかったので、教えてもらえて良かったです。

 お肉をたたく物が2つあって、たたきながらお肉を伸ばして、やわらかくなっていくことを学びました。

 お店の工夫は、お客さんが来る前にきれいにしてたところと、浄水器で出る余った水はバケツで掃除に使ったり、ペットボトルにためてお風呂に使っていることが分かりました。と、お風呂に使っていることにおどろきました。本当にエコです!

 お店の苦労は、まるとしさんのところは配達があって、お弁当など作って、その同時にお客さんが来たので、注文を受けていて、大変そうだったです。

 でも、また同時に、インターンシップできた自分たちが来て、もっと大変そうでした。お店の苦労は分からなかったけど、体験して分かりました。

本当にありがとうございました。」

ふたりの女の子の、ありがとうに、こちらこそ、ありがとう!

ちなみに、昨年の模様は、こちら。 → http://www.kitamachi.or.jp/media-room-p81.htm



      一昨年の模様は、こちら。→ http://www.kitamachi.or.jp/media-room-p45.htm

若山太郎さん、ご投稿ありがとうございます。

更新日:2010.10,26, Web管理:齊藤

-------------------------------------------------------------------------------------------------

「今年のインターンシップ