きたまち 豆まき

そもそも「節分」とは

「季節の分かれ目」を意味する言葉です。かつては「立春、立夏、立秋、立冬の前日」を
節分としていたそうです。
現在では、立春の前日(2月3日ごろ)のみが節分の日と呼ばれています。
旧暦では、立春のころが1年のはじめとなるため、4つの季節の中でも重要視され
節分の習慣が残ったのではないかとされています。
きたまちでは、毎年2月3日には豆まきが開催されますのでお楽しみ下さい

場所:浅間神社境内

開催日:毎年2月3日 午後4時・豆まき

主催  :浅間神社
協賛  :北町二丁目町会
     きたまち商店街振興組合
     ニュー北町商店街振興組合
--------- 毎年行なわれます開催のもよう -----------
2017年2月3日
神社の近隣の建設中だった、2つの大型マンションが完成し、その1つが病院、もう1つがお米屋さんだったように、街の通りの姿が年々様変わりしていく中、近くの小学生が神社にたくさん集まり、境内に入り切らないほどの人の多さでした。

今年は、練馬区独立70周年の年であり、北町は、練馬区唯一の宿場町であったことから、それにまつわる、3商店街の様々な連携事業を今後3年間実施される流れがあり、それがどんなものになるか、とても楽しみです。
2016年2月3日
 今年も天気に恵まれ、子どもたちを中心に、物凄く賑わいました。
 いつもとの違いは、警察の方が、何人も警備されていたこと。
 また、境内には、11月5日に練馬文化センタ大ホールでのワンマン
 ライブの準備に追われる、練馬のシンガーソングライターの谷修さん
 の姿もありました。下練馬の富士塚も、昨年の春に綺麗に整備された
 後の初めてのお節分、ご来場の沢山の方々に、福が届きますように!
2015年2月3日

天気も良く、境内にはいっぱいの子供たちを中心とした方々が集まりました。

町会長、商店街理事長、議員さん、消防署の署長さん
信用金庫の支店長さん、それに、

今年のゲスト、演歌歌手の松尾雄史さんなどの挨拶の後、華々しく、
豆まきが始まりました。

境内にある下練馬の富士塚は、昨年から改修工事が行われ
花かけの工事、植栽の工事、入り口周辺の改修工事(新たに鳥居が設置)など

今年3月の完成披露直前の節分でした。

2014年2月3日
今年も、天気に恵まれ、この日の最高気温は、17.8℃、子どもを中心に、物凄い人出でした。
来月、真打の昇進が控える、駅前の田中陶器店のお孫さんの鈴々舎風車さん(真打昇進後、
四代目柳家三語楼)が、スケジュールの都合で、豆まきには間に合いませんでしたが、直会に
出席、浅間神社の節分に華を添えて下さいました。きたまち商店街のお店は元より、東武練馬駅
北口のイオンの店頭でも、風車さんの真打昇進披露興行のポスターの貼られ、街は、その祝福モード一色に彩られていました。
2013年2月3日
今年の節分は、日曜日で、天気もよく暖かだったこともあり
例年以上 ここ何年を考えると、最大の人の多さでした。
地域では、昨年、ちがや馬を作って飾ったり、巻物型の北町の旧跡マップも配られ、また、高札型の歴史案内板も商店街内のあちこちにでき、
北町旧跡研究会の皆さんを中心とした、旧川越街道の歴史を伝える活動が盛んになっています。
節分は、四季の移り変わる時、立春の前日、暦の上では一年の締め括りの日。境内での豆まきで手にした福豆を、家では、歳の数だけ食べる。柊の枝にイワシの頭をさしたり、大蒜などを添えたり、厄よけや邪気をはらう。邪気は悪鬼、大豆を炒った福豆をまき、心の邪気をはらう。そんな何気ない1日が、今まで以上、大事に感じる今日この頃です。
2012年2月3日 昨年の大震災を乗り越え、今年も、天気にも恵まれ
穏やかな節分の日を迎えました。
今年は、平日にも関わらず、
たくさんのお子さんがお見えになり
例年以上の人の多さでした。
「鬼は〜外、福は〜内」、と何度も、声が響き渡る度に
豆や福の神、お菓子が宙に舞い
歓声が沸き、笑顔の花がたくさん境内に咲きました。
今年こそ、一年中、誰もが幸せな時を、過ごせますように
願うばかりです。

2011年2月3日 「ここにお集まりの皆さんと力を合わせて、
不景気は〜外、福は〜内」。
町会長が代わって若返ったこともあり、今年は、境内に節分の立派な旗も2本立ったり、役員の方を中心に、
裃姿での豆まきは、初めての取組み。
他の有名な神社での豆まきにも負けない
雰囲気になりました。
今年は天気もよく、暖かで、いつものように、
子どもたちを中心に、たくさん人が集まりました。
2010年2月3日
今年の豆まきは、開始時間を午後4時からと
今まで毎年行っていた時間より1時間遅くしたので
学校終わりの子どもたちの参加が多く、大賑わいでした。
最初に、小さな子どもたちを優先して豆まきをし
その後、入れ替えをして、
小学生以上の子どもたちを先頭にいつものように
境内に、元気や笑顔があふれました。
昨年に続き、jcomの撮影も入り、北町の熱気が伝わる
その放映が楽しみです。今年は、初雪が2日前
豆まきは、天気には恵まれましたが、
夜にまた雪が少し降りました。
2009年2月3日
今年は天気に恵まれ、晴れやかな節分が行われました。
ケーブルテレビのjcomの撮影もあり、この日の模様が、
映像としても多くの方々に伝わるのは、何よりうれしいことです。
昨年は商店街のマップもでき、評判のホームページの効果で
賑わいのある北町がより広く知られ、毎年町会や商店街が
力を合わせる、『北町の豆まき』、今年もさらに盛り上がりました。
何より、笑顔あふれる一日でした。
2008年2月3日
今年の節分は大雪のためで
残念ながら豆まきは行われませんでした。
しかし豆まきを楽しみに浅間神社に来られた多くの方に
町会の役員の方から、
豆・福の神・お菓子が入った袋を、手渡しで配られました
皆さんとても喜んでいらっしゃいました。
2007年2月3日
今年は土曜日でしたので、子どもたちも多く
賑やかな豆まきで盛り上がりました。
きたまちとニュー北町の理事長や村上さんと並んで
今は亡き、北町郵便局長も笑顔でまいて下さいました。
先頭に子どもたちが並び、その後ろは大人ですが
束の間、皆小さな子どもに帰っていました。あまりの人の多さで
警備の方も大変そうでした。

当商店街は、安全かつ安心してお買い物ができるように心がけています。
きたまち商店街振興組合 東京都練馬区北町2-21-13